2010年06月16日

自賠責や被害者給付金も変更へ 顔の傷訴訟確定「男女平等…当然」 (産経新聞)

 顔などに大きな傷跡が残った労災補償で、男性は女性より低い障害等級とする国の基準を違憲とした京都地裁判決に対して、厚生労働省が10日、障害等級の見直しを進めることを表明したことを受け、同等級をモデルにしているほかの省庁のさまざまな補償制度も変更される可能性が高まった。

 国土交通省が扱う自動車損害賠償保障法の後遺障害等級は、労災補償の障害等級をモデルにしている。国交省の担当者は「労災補償の障害等級が男女平等になれば、合わせるのは当然。厚労省の動きを見て変更を検討する」と話す。

 また、犯罪で亡くなった被害者の遺族や重大な障害を負った被害者らに対して、国が一時金を支給する法律「犯罪被害者等給付金支給法」を扱う警察庁も同じ姿勢だ。同法の等級も労災の障害等級が引き継がれており、担当者は「厚労省に合わせて変える」としている。

 また、この日、原告代理人の糸瀬美保弁護士が京都地裁で会見。「地裁で違憲判決が確定するのは珍しい」とした上で「男女平等の流れの中で当然の結果。男性の等級を女性の等級に引き上げるよう見直し、他の障害補償もそれにならってほしい」と話した。また原告の男性(35)は「やけどで苦しんでいたことを裁判所だけではなく国にも認められて嬉しい」と弁護士を通じてコメントした。

【関連記事】
顔やけどの労災補償「女性との差は不合理」 男性差別に初の違憲認定
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし
2億4千万円支払いで和解 過労で寝たきりファミレス支配人と経営者
どう主張すればよい? 職場のいじめで鬱病
じん肺男性死亡は「労災」 遺族年金不支給取り消し 甲府地裁
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)
<亀井氏>「約束守らないと政党政治は死ぬ」 退任会見で(毎日新聞)
賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
「煙たいが力ある」=仙谷官房長官起用で首相(時事通信)
posted by ウノ アキオ at 09:34| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。